畳のサイズを変えて、費用を節約する方法

最大サイズまで大きく作る

畳は、厚み15mmであれば最大1000mmの幅まで製作が可能です。

今回お問い合わせいただいたお部屋のサイズは、 2990mm×2380mmです。

Before-tatami

通常であれば、747mm×793mm×15mm(74.7cm☓79.3cm)の畳が12枚 で正方形で綺麗敷くことができます。

畳12枚で製作したときの図面

上記のサイズで、特に天然イ草の場合は、イ草の真ん中の青々として実が充実している部分を使用できますので、とても美しい畳に仕上がります。

でも実は、畳を大きく製作することで、枚数を減らしコストも下げることができるんです。

4列ならんでいた畳を 996mm×793mm×15mm(99.6cm☓79.3cm)のサイズで製作し3列にします。

9枚で製作した場合の畳の図面

上記の図面では、正方形になっていますが、実際は996mm×793mmの畳ですので、縦と横の差が20cmも差があります。

少し長方形です。

長方形で、しかも材料の畳表の幅をギリギリまで使いますので、イ草の根の白い部分も少し入ります。

イ草の長さ

イ草の画像です。

根の方が少し白いのが分かります。

これでは、見た目が悪いのではと心配されるとかも知れませんが、この白い部分は、日焼けして畳が黄金色に変わると目立たなくなります。

畳は、最初の新しいうちは緑色ですが、使っているうちに黄色に変色していきます。

だいたい半年もすれば、目立たなくなります

畳の製作内容

今回実際に製作した畳の部屋の写真をいただきました。

畳のサイズは、 996mm×793mm×15mmの畳が9枚。

縦横の差が20cmなのに、ほとんど正方形に見えますね。

サイズに関しては、以外に目立たないんです

after_tatami

写真を見ていただいて分かる通り、畳の端が白っぽいです。

この白い部分がイ草の根の部分になります。

この部分は、月日とともに目ただなくなります。

畳の製作枚数を12枚ではなく、9枚で製作したことで、枚数が減りコストが下がりました。

お客様の声

先日、無事到着しました!
迅速な対応、ありがとうございましたm(_ _)m

部屋のサイズにぴったりでした!
設置説明書も添付して頂いたので向きなども迷わずにすぐに設置できました。
畳もい草の端まで使うと事前に聞いていて、どうなるのかなと少し心配していましたが、とてもいい感じかなと思ってます(写真でみるとキラキラしているようにみえますね)(笑)

初めての畳購入でしかもオーダーサイズだったので、色々と不安もありましたが、見積もり時点でアドバイスも頂いて、無事設置もでき、とても満足しています。

ありがとうございました!
またお願いすることがあるかと思いますが、その際は宜しくお願いいたします。

今回の製作した畳の図面

今回の製作した畳の図面

畳表の種類

天然イ草 無着色 

お部屋の広さ

2990mm×2380mm×15mm

畳のサイズ

996mm×793mm×15mmの畳が9枚

お客様の地域

神奈川県相模原市

リフォーム内容

フローリングの部屋に畳をサイズオーダーでピッタリサイズに製作

最大サイズはセキスイ美草、清流でも製作可能です

セキスイ美草(樹脂表)清流(和紙表)でも1000mmの幅まで製作が可能です。

この2種類の新素材の畳は、端から端まで色が均一ですので、イ草のように畳が端が気になることはありません。
新素材の畳なら気にせず最大サイズで製作しても問題ありません。

お見積りの依頼はコチラからどうぞ
お見積りフォーム

サイズオーダー見積りフォーム

FAXの場合
FAX見積シート

FAX見積り依頼

サンプルはこちらから
無料畳表サンプル

商品ページ

天然イ草を使用した畳サイズオーダー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。