大建工業 清流(和紙表)

大建工業製の和紙を素材にした畳表を使用して製作した畳のお客様事例です。清流(和紙表)はダニ・カビの原因となる要素がなく、カラーも豊富で大手ハウスメーカーや旅館、飲食店など多くで採用されています。

灰桜色の琉球畳で上品な和室が完成。

灰桜色 和室事例 置き畳オーダーサイズ

薄っすらとした桜色の琉球畳

近年では、畳が無いフローリングの和室を作ることが多くなっています。

昔ながらの和室というよりは、和風空間、和風インテリアというような感じです。

そのように作られた和風空間には、灰桜色の琉球畳が本当によく似合います。

[Before]

ヒッコリーのフローリングでしょうか。
白っぽい床ですね。

畳を敷く前 続きを読む

畳の価格を問合せ。インターネットで気を使わずお気軽に。

メールで問合せができる、見積もりは営業日なら即日対応

お客様から琉球畳のカタログ請求があった際にメッセージをいただきました。

中古住宅の和室をDIYで畳を入替える前

近所には畳屋さんがあるのですが、値段を聞いてしまうと断りきれなくなりそうでずっと悩んでました。犬を飼っているので大分傷んできたので変えたいと考えています。またサイズも小さくなるので取り回ししやすそうなのも良さそうです。

Tatami room

確かに、近所の畳屋さんに金額を聞いたあと、想定していた金額より高額てて、畳を諦めたときに畳屋さんの前を通る度に気が引けますよね。

もちろん近所の畳屋さんの方が、畳にトラブル(タバコで焼けた、水に濡れたなど)があった場合、すぐに対処してもらえる安心感はあります。 続きを読む

お仕事で着物を着る機会が増え、畳にしようと思いました。着物には畳ですね。

着物の着付けスペースに畳をサイズオーダー

最近は、琉球畳タイプの置き畳が人気ですが、畳縁を付けた畳も伝統的な雰囲気があって好まれるお客様が多いです。

畳縁の種類を変えるだけで、お部屋のイメージが変わります。

今回の置き畳には、桜の柄が入った畳縁を付けて、サイズオーダーで製作しました。

桜の畳縁

【before】

続きを読む

置き畳の色hじゃ、組み合わせ自由。部屋のイメージチェンジが簡単にできます。

オリジナルなカラーの組み合わせ

今回ご注文いただいたのは、清流(和紙表)のno16 若草色とno20 青磁色で製作したサイズオーダーの置き畳です。

置きたいスペースに合わせて作った畳ですので、隙間なくピッタリ敷くことが出来ています。

色を2パターン製作しています。

【Before】

畳を敷くスペース

こちらのスペースに畳を4枚敷きます。 続きを読む

小上がりの畳を琉球畳に入れ替え [DIYたたみ]

普通の4畳半から琉球畳9枚に

もともとは、畳縁が付いている1畳サイズの畳4枚と半畳サイズ1枚の4畳半のレイアウトの小上がり。

この4畳半を弊社で制作した琉球畳に、お客様自身で入れ替えていただきました

【Before】

小上がり before

【After】

畳のレイアウト

【お客様の感想】

商品が届き早速敷かせて頂きました。
とても綺麗で部屋の印象がガラリと変わり、畳の大切さが良くわかりました。
サイズもぴったりです。

お早い発送と丁寧なご対応に感謝致します。またの機会によろしくお願い致します。

畳の製作内容

お客様から敷く場所のサイズをご連絡いただき、弊社で琉球畳のサイズを割付しました。

製作期間は1週間です。

半畳の畳の重さは、厚み30mmで4kg程度です。畳の入れ替えも簡単に行えます。

写真では畳が2色に見えていますが、畳目の方向を互い違いにして敷いているため、光の加減や見る方向によって色が違って見えています。

畳表の種類

清流(和紙表) 11 銀鼠色 

小上がりの広さ

2580mm×2580mm×30mm (*258cm×258cm×厚み3cm)

畳のサイズ

860mm×860mm×30mm 9枚

お客様の地域

千葉県木更津市

リフォーム内容

古い畳からの入替え

琉球畳の敷き方図面

【高品質な畳を低価格で提供できる理由】

お客様ご自身部屋の採寸畳の敷き込みをしていただくことで出張費がありません。

例えば従来の方法で畳を業者にお願いするときは、見積、採寸、敷き込みと2〜3回はお客様のご自宅に訪問することになっていました。

しかし弊社の場合は、お客様よりメールやFAXで部屋のサイズをお聞きし図面とお見積金額を連絡して畳の製作だけをします。

訪問にかかる交通費や人件費がかかりません。

不要な費用を除くことで、お客様に高品質な畳をリーズナブルな価格でお届けができています。

和心本舗の安さと高品質のの理由

和心本舗の安さと高品質のの理由

注文の方法は簡単です。お部屋のサイズを測ってご連絡ください。

畳の枚数や大きさなどは弊社にて割り付けします。

柱部分の加工なども可能です。簡単な図面を手書きで書いて携帯で撮影したものでも大丈夫です。

お客様より畳のサイズを指定していただいても大丈夫です。

お客様は採寸に不安があると思います。もし採寸が間違っていたとしても畳3枚までは無料で修正しています。

採寸・敷き込みも依頼される場合は、出張費3万円(税別)で承ります。
(一部の地域を除き全国対応可)

無料の畳表サンプルなどで品質を確認することもできますので

畳に関するご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

小上がり after

サイズオーダー畳のご注文の流れ

  1. お客様ご自身でお部屋の寸法を測っていただき部屋のサイズをご連絡いただきます。
    (問い合フォーム、メール、FAXなどからご連絡)
  2. ご連絡いただいたサイズより弊社にて畳のサイズを割り付けて、何枚必要で費用がいくら必要かを返信します。
    (弊社よりメール、FAXなどで畳の図面と見積金額をご連絡します)
  3. お見積りにご納得いただいた後、お客様ご自身で畳の撤去、処分をします。
    (お客様の多くは、畳の処分をお住まいの自治体でお願いされています。)
  4. 畳が到着し、畳をお客様ご自身で敷きます。
    (万が一上手く入らなかった場合、3枚まで無料で修正します)
畳の注文方法

畳の注文方法

(部屋の寸法をお聞きした場合)⇒ お部屋のサイズの計り方について  

オーダサイズ畳の詳しいご注文の方法はこちら ⇒ オーダー畳ご注文の流れ 

1枚からでもオーダーを承ります。

【納期】 3日~約1週間

お見積りの依頼はコチラからどうぞ
お見積りフォーム

サイズオーダー見積りフォーム

FAXの場合
FAX見積シート

FAX見積り依頼

サンプルはこちらから
無料畳表サンプル

LINEでお問合せ

商品ページ

清流(和紙表)を使用した畳サイズオーダー

————————————————————-
【 YouTube 】動画で畳の紹介をしています
————————————————————-

【How to order tatami】DIYの「小上がり」に本格的な畳を注文する方法
https://youtu.be/rgP-9OUBkbo

【DIY畳(たたみ)】イ草(いぐさ)と新素材(樹脂・和紙表)どっちがオススメ?
https://youtu.be/CcN_sTvHH5g

「茶の湯たたみ」のご紹介
https://youtu.be/AeAU0g6344w

自宅のロフトに、サイズオーダーした琉球畳。DIYたたみ

自分で採寸、自分で敷く。新しい畳の購入方法

和室が無い住宅が増えていますが、畳が好きな人は多くおられます。

敷きたい場所があれば、広さをお知らせください。

畳を適切なサイズに割り付けて、お見積りいたします

灰桜色の琉球畳を6枚設置

今回の制作事例は、和紙を素材にした清流シリーズです。

特徴は、日焼けによる変色がほとんどなく、ダニ・カビの原因となる栄養素がない畳です。 続きを読む

座椅子の脚の部分ですが、重みで畳が凹みます、対策を教えてください。

清流(和紙表)の畳表を使用した畳についてのご質問

>質問ですが座椅子の脚の部分ですが、重みで畳が凹みます、対策を教えてください。

和室の畳の場合、芯材が藁(わら)だったりインシュレーションボード(木質繊維板)などを使用しています。現在の生産される新畳ですと90%程度がインシュレーションボードの芯材を使用していることが多いです。 続きを読む

琉球畳のエントランス。旅行者を畳でお出迎えする京町家の宿

海外からの旅行者が多い京都

京町家の宿の畳を新調

様々なタイプのインバウンド向け宿泊施設が増えています。

富裕層向けだったり、バックパッカー向けだったりと選択肢が多くなって、外国人の旅行者も気軽に訪れるようになりましたね。

本日のお客様事例は、玄関に入ったところから、畳が敷いてあり、靴を脱いでチェックインしていただく宿です。 続きを読む

通常の畳(和室)から貴社の琉球畳に変更を検討しております。可能でしょうか。

和室の畳も弊社の畳も構造は同じ

よくご質問いただく内容に、

和室に敷いてある畳を弊社の畳に取り替えて使えるのか?

というご質問です。

「子供が生まれたタイミングで畳を新しくしたい」、または「畳縁の付いていた6畳の畳をオシャレなカラーの琉球畳12枚に変更たい」などで弊社をご検討いただく中でよくご質問いただきます。

弊社のウェブサイトでは、置き畳サイズオーダー畳サイズオーダー置き畳と表記しています。

和室の畳と置き畳は、どう違うのかを知りたいといことだと思います。 続きを読む