畳(たたみ)お役立ち情報

畳の注文方法が分かる!メールのやり取りを公開!ーDIYでフローリングから畳へ

意外に簡単に発注ができるDIYたたみ

はじめての見積もり依頼。誰でも要領を得ないし不安なものです。

部屋の採寸をして、見積もりを依頼するだけなのに、

  • やり取りが難しいんじゃないか?
  • 面倒なんじゃないか?
  • こんなこと聞いてもいいの?
  • 見積もりの返信はいつ来る?
  • 納期は?

などなど、分からないことだらけですよね。

今回は、和心本舗がお客様とどのようなメールのやり取りをしているのか、また、どのおうなご質問があるのか、メールの一部を公開します。 続きを読む

置き畳のサイズオーダーで、コストを安くする方法【DIYたたみ】

天然イ草の置き畳、制作可能な最大サイズは、幅1000mmまで

今回お見積り依頼を受けたお部屋のサイズは、2600mm×2000mm×15mmです。

この幅が2000mmというサイズの場合、畳を6枚で製作する方法と9枚で製作する方法があります。

6枚で制作する場合と9枚で制作場合、何が違うのでしょうか?

枚数が減りますので、その分コストが安くなります。 続きを読む

【ベッド用の畳】 1畳サイズより半畳2枚に分割が取り回しやすく、しかも送料無料でオススメ!

1畳サイズは、意外と大きい

腰痛の改善のためだったり、健康のためにマットレスを畳に交換されるお客様が増えています。

柔らかいマットレスが、腰に負担になり、寝るのも辛い状況だったお客様が、畳に替えることで症状が改善することがあります。

多くのお客様が、ベッドのサイズに合わせて畳をオーダーされる場合に、98cm×197cm 1枚というような感じで1畳サイズでご連絡いただくことが多いです。

もちろん、このサイズで製作することは可能です。 続きを読む

上敷き(ござ)の使い方。こんなときに活躍します!

お正月でお客様が来るのに・・・畳が・・

新しい年を迎えるにあたって、家の大掃除をしたり、片付けをしますね。

もしかしたら、親戚や子どもたちが帰ってくる家庭もあると思います。

ふと気がつけば、畳が日焼けしていて、すこし傷んでいる。年末で正月までに入れ替えるにも間に合わない。
ただでさえ年末で忙しいのに、畳を入れ替える作業なんて大変。

4畳半の畳

少し傷みだした4.5畳の部屋

そんなときは、 続きを読む

敷布団で寝るために畳を設置。アメリカ人のお客様にも好評の置き畳

米国で敷布団で寝る人が増えているようです

海外へ畳を発送する機会が増えています。

以前は、海外に在住の日本人の方からのご注文がほとんどでした。

しかし、ここ数年はアメリカ人だったりヨーロッパ人だったりと、日本人以外のお客様に送ることが増えています

どのように畳を使っているのか知りたくて、購入いただいたお客様にお願いして、写真を送っていただきました。 続きを読む

畳の製作費用を節約する方法

最大サイズまで大きく作る

畳は、厚み15mmであれば最大1000mmの幅まで製作が可能です。

今回お問い合わせいただいたお部屋のサイズは、 2990mm×2380mmです。 続きを読む

琉球畳が2色に見える仕組み

よくいただくご質問。「薄い色のイ草と濃い色のイ草を組み合わせているのですか?」

お客様の中には、「薄い色の畳と濃い色の畳をお願いします」と要望いただくのですが、畳は同じ色を並べているんですよ。

同じイ草のはずなのに2色に見える理由は、畳目の方向に関係があります。 続きを読む

置き畳と和室の畳の違いは?

座り心地や足ざわりの違いは?

置き畳は、厚み15mmが主流です。

和室の畳に比べるとかなり薄いですね。

気になるのは、「薄いから硬い感触になるのでは?」と考えられことが多い点です。

続きを読む

施主支給で琉球畳を調達し、高品質なのに低コストでモダンな和風インテリアを実現【新潟県 三条市】

畳が高額であきらめることもありません

新築で自宅を建てるとき、いろいろなオプションを付けていくこと、すぐに予算を上回ってしまいます。

一生住むかも知れない家なので妥協はしたくないですよね。

予算がどうしても先に来てしまうので、あきらめてしまうオプションもあるでしょう。

そんなときに、施主支給でコストを抑える方法があります。

施主支給とは、お客様ご自身で材料や商品を用意して、建設会社に支給することです。 続きを読む

畳はみんな同じでしょ?←違いますよー!

イ草の違いが畳(たたみ)の違い。

畳の表面は、イ草で織られた畳表という材料です。

イ草の良し悪しが畳表の品質に大きく影響します。
基本的には以下の3点です。

  • 見た目
  • 耐久性
  • 日焼けした後の変色具合

イ草の収穫は、年に一度だけ

農産物であるイ草は毎年冬の寒い時期に植えられ、夏に収穫されます。 続きを読む