畳(たたみ)お役立ち情報

敷布団で寝るために畳を設置されたアメリカ人のお客様

米国で敷布団で寝る人が増えているようです

海外へ畳を発送する機会が増えています。

以前は、海外に在住の日本人の方からのご注文がほとんどでした。

しかし、ここ数年はアメリカ人だったりヨーロッパ人だったりと、日本人以外のお客様に送ることが増えています

どのように畳を使っているのか知りたくて、購入いただいたお客様にお願いして、写真を送っていただきました。 続きを読む

畳の製作費用を節約する方法

最大サイズまで大きく作る

畳は、厚み15mmであれば最大1000mmの幅まで製作が可能です。

今回お問い合わせいただいたお部屋のサイズは、 2990mm×2380mmです。 続きを読む

琉球畳が2色に見える仕組み

よくいただくご質問。「薄い色のイ草と濃い色のイ草を組み合わせているのですか?」

お客様の中には、「薄い色の畳と濃い色の畳をお願いします」と要望いただくのですが、畳は同じ色を並べているんですよ。

同じイ草のはずなのに2色に見える理由は、畳目の方向に関係があります。 続きを読む

置き畳と和室の畳の違いは?

座り心地や足ざわりの違いは?

置き畳は、厚み15mmが主流です。

和室の畳に比べるとかなり薄いですね。

気になるのは、「薄いから硬い感触になるのでは?」と考えられことが多い点です。

続きを読む

施主支給で琉球畳を調達し、高品質なのに低コストでモダンな和風インテリアを実現【新潟県 三条市】

畳が高額であきらめることもありません

新築で自宅を建てるとき、いろいろなオプションを付けていくこと、すぐに予算を上回ってしまいます。

一生住むかも知れない家なので妥協はしたくないですよね。

予算がどうしても先に来てしまうので、あきらめてしまうオプションもあるでしょう。

そんなときに、施主支給でコストを抑える方法があります。

施主支給とは、お客様ご自身で材料や商品を用意して、建設会社に支給することです。 続きを読む

畳はみんな同じでしょ?←違いますよー!

イ草の違いが畳(たたみ)の違い。

畳の表面は、イ草で織られた畳表という材料です。

イ草の良し悪しが畳表の品質に大きく影響します。
基本的には以下の3点です。

  • 見た目
  • 耐久性
  • 日焼けした後の変色具合

イ草の収穫は、年に一度だけ

農産物であるイ草は毎年冬の寒い時期に植えられ、夏に収穫されます。 続きを読む